グルメ

古民家カフェ「沙-isago-」が富山市四方にオープン!

富山市四方に、古民家カフェ「沙-isago-」がオープンしました。2023年8月21日にオープン後、とても可愛らしい手作りのケーキやパフェ、家庭的なランチが人気を集めています。そんな「沙-isago-」のメニューへのこだわりや、お店の想いについて取材しました。

古民家をリノベーションした店内

住宅街の中に、古民家をリノベーションしてオープン。「沙」とかかれた暖簾がかかっています。「沙」は、カフェマネージャー自身の名前からとっており、「海の砂」という意味があります。海が近い四方にぴったりだと思い、カフェの名前に。

沙-isago-の駐車場はお店に向かって右側に5台分と、裏に2台分あります。

沙-isago-の店内に入ると、入口に近い場所にテーブル席が2つあります。窓から差し込む光があたたかく、とても落ち着いた雰囲気です。

入口から真っすぐ廊下を進んだ先には、カウンター席とテーブル席が2つありました。

売薬さんの薬箱

沙-isago-の建物は、薬を売って歩いていた「売薬さん」の家だったそう。家の中の柱やソファなど、まだ十分使えるものは残しました。薬箱も当時使っていたもののひとつです。

2階部分の欄間も、当時のままです。ライトアップされより迫力があります。

こだわりたっぷりのメニュー

家庭的で体に優しい「気まぐれランチ」

気まぐれランチ1,000円(税込)

平日限定の定食ランチです。体に優しい「お母さんの味」がテーマ。カフェのオーナーも、実際に二人のお子さんのお母さんです。
この日はメインのハンバーグにご飯、お味噌汁、小鉢が2つもついてきました。どれから食べるか迷ってしまいます。実家を思い出させるやさしい「お母さんの味」は、愛情たっぷりです。

まんまるハンバーグは食べ応え十分!そのほかのおかずは野菜たっぷりで、栄養満点です。ご飯は無料で雑穀米に変更することができ、おかわりも自由です。アレルギーがあることを伝えれば、柔軟にメニューを変更してもらえます。お母さんのように優しいですね。

パティシエのこだわりがつまった「ケーキ」

フレッシュイチジクのタルト650円(税込)

沙-isago-にはスイーツメニューもあります。どのスイーツも見た目が可愛らしく、食べるのがもったいないくらい。「本日のケーキ」は日によって種類や価格が変わります。「フレッシュイチジクのタルト」は無花果がとっても甘く、タルト生地とも相性ばっちりでした。

沙-isago-にはケーキ専門のパティシエがいるため、開店して間もないのにも関わらず、提供されたケーキは既に10種類以上。断面が可愛いものや、食べてみないとわからない隠し味があるもの、ソースをかけて味変を楽しむものなど、どれもパティシエのアイディア満載です。「提供したいケーキを好きなようにつくっていい」とオーナーから期待されており、沙-isago-の新作ケーキには要注目です。

金沢の人気カフェ店オーナー監修「沙-isago-パフェ」

沙-isago-パフェ 桂~katsura~ 1,700円(税込)

沙-isago-パフェは、金沢で芸術的なこだわりパフェを提供するカフェ「胡京 komachi」のオーナーが監修しています。
写真のイチゴパフェ「桂~katsura~」と、抹茶とほうじ茶の和素材パフェの「蓮~hasu~」の2種類です。ドリンクはセットでついてきて、コーヒー、紅茶、リンゴジュース、オレンジジュース、コーラ、ジンジャーエールから選ぶことができます。今回は+100円(税込)で点てたて抹茶をいただきました。

ドーム状の白いチョコレートに温かいフランボワーズのソースをかけると、中にはアイスやフルーツ、ゼリーなどがたくさん!ソースと絡んでキラキラしており、まるで宝箱を開けたみたいです。キラキラした中身は、実際に沙-isago-に行って確認してみてくださいね。

スタッフさんが丁寧に描いた手書きのメニュー表には、パフェの全貌が!

人と人との繋がりを大切に

お店のロゴ「沙」はお子さんの手書きです。

カフェマネージャーのさやかさんは、実家が四方で電気工事の仕事をしていたため、昔から四方地域の方との繋がりや、ご縁に助けられてきたそう。今度は自分たちがお返しする番だと、さやかさんのお母さんと二人で会社を立ち上げました。沙-isago-は、そんな繋がりを大事にする「株式会社アンドリンク」の飲食事業の一つです。

予約席の札「RESERVED」も、お子さんの手書きです。

もちろんカフェには近所の方も訪れており、お店のスタッフとお客さんが地域の話題で盛り上がる場面も。「〇〇くんもカフェ来るって言うとった。」「嬉しいね。じゃあ2階席、早めに涼しくしておこうか。」という日常会話が、沙-isago-のあたたかみある空間の理由の一つになっています。

「おしゃれというよりは、ほっこりするカフェにしたい」というオーナーの想いがつまったカフェに、皆さんもぜひ行ってみてはいかがでしょうか。一度行けば、次回からは「ただいま!」と暖簾をくぐりたくなるかも。

店名沙-isago-
住所富山市四方田町7
公式Instagramhttps://www.instagram.com/cafe_isago/
営業時間9:00~22:00(Lo.21:30)
定休日月曜日(9:00~22:00)
水曜日(17:00~22:00)※9:00~17:00は営業
問い合わせ070-1340-3896
予約可否可(InstagramのDMまたはお電話で)
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
みのり

みのり

食いしん坊OL/ショップカードコレクター

生まれ育った富山と、富山の美味しい食べ物が大好き。週末は富山県内の飲食店、カフェ、居酒屋をはしご。行きたいお店や食べたいものがありすぎて「胃袋が足りない…!」が口癖。趣味は、記念に行った先のショップカードを集めること。

  1. 富山から行く!福井1泊2日の観光モデルコース

  2. 富山でおしゃれなグランピングといえばここ!おすすめ3選

  3. 【oval オーバル】富山市一番町のおしゃれなイタリアン酒場

RELATED ~関連記事~

PAGE TOP