観光・お出かけ

夫婦におすすめの富山旅モデルコース・観光スポット

「天然のいけす」とも呼ばれる富山湾を有する富山県は、海の幸が有名なのはもちろん、夫婦やカップルにおすすめな観光地が多数存在するのをご存知でしょうか?

そこで今回は、美味しいごはんはもちろん、夫婦旅行におすすめの美術館や温泉なども揃っている富山県の有名な観光スポットやモデルコースについて、パターン別に紹介します。どこかへ夫婦で旅行を検討している方は必見の内容となっているので、ぜひ最後までご覧ください。

富山市をめぐるコース

まず最初のコースが、富山市を中心とした観光地をめぐるコースです。主なスポットは、以下の3箇所です。

富岩運河環水公園

(画像引用:https://www.info-toyama.com/attractions/11009

富山県の中心地である富山駅のすぐ近くに位置する富岩運河環水公園(ふがんうんがかんすいこうえん)。水辺空間と緑のコントラストが美しく、富山県民の憩いの場として機能しています。

公園のシンボルである天門橋両端にある展望塔へのぼると、環水公園全体の美しい姿と、富山県のシンボルである立山連峰を同時に楽しめます。公園内には世界一美しいとも言われているスターバックスコーヒー富山環水公園店や、四季折々の風景を楽しめる遊覧船「富岩水上ライン」のクルージングも大人気です。また、運河を囲むように整備された散策路もあります。

富山県旅行の手始めに、富岩運河公園の散策路を夫婦で歩きながらゆっくりするのもおすすめです。

【基本情報】
電話番号: 076-444-6041
アクセス:富山駅から徒歩9分
入場料:無料
公式サイト:http://www.kansui-park.jp/access/

富山市ガラス美術館

(画像引用:https://www.toyamashi-kankoukyoukai.jp/?tid=100671

世界的に有名な建築家である隈研吾氏が設計を手掛けた複合施設「TOYAMAキラリ」内にある富山市ガラス美術館は、富山を象徴するミュージアムのひとつです。戦前、富山県には、富山駅を中心にガラスの薬瓶の製造が頻繁に行われ、ガラス製造工場が10社以上もあったことから、「ガラスの街とやま」として人材育成や産業化の推進に力を入れてきた背景があります。

富山市ガラス美術館は6階建てになっており、館内は斜めに吹き抜けている構造が特徴的です。世界的に有名なガラス彫刻家であるデイル・チフーリ氏が手掛けたグラス・アート・ガーデンを筆頭に、定期的に変わるコレクション展が楽しめます。2Fではカフェや富山県産のガラスを使ったお土産の購入も可能です。
また、館内は図書館としても利用できるので、夫婦でそれぞれ気になる場所のリサーチに使ってみるのもおすすめです。

【基本情報】
住所:〒930-0062 富山県富山市西町5−1
電話番号:  076-461-3100
アクセス:富山駅より市内電車環状線にて約12分「グランドプラザ前」下車 徒歩約2分
入場料:常設展大人200円 高校生以下無料 ※特別展は有料
公式サイト:https://toyama-glass-art-museum.jp/

富山港展望台

(画像出典:https://www.info-toyama.com/attractions/80027

富山市ガラス美術館を思う存分満喫したあとは、富山港展望台をおすすめします。富山港展望台へは、富山駅から乗車できる富山港線の「東岩瀬駅」、「競輪場前駅」、「岩瀬浜駅」の3つのどの駅からも徒歩約10分ほどで着きます。

ぱっと見ただけでは展望台には見えないユニークな外観は、琴平神社に建てられた常夜燈をモチーフにしており、船の安全と港の繁栄への願いが込められたデザインです。展望台内に常設された双眼鏡からは、晴れている日には立山連峰や能登半島といった雄大な景色が一望できます。夕暮れの時間帯も絶景なのでおすすめです。
また、展望台付近は富山でも歴史ある岩瀬町に位置していて、風情ある街並みは一見の価値ありです。たまには夫婦で歴史散歩もいいですね。

【基本情報】
住所:〒931-8358 富山県富山市東岩瀬町海岸通り5
電話番号:076-437-7131
アクセス:富山地方鉄道富山港線「東岩瀬駅」「競輪場前駅」「岩瀬浜駅」から徒歩約10分
入場料:無料
公式サイト:https://www.pref.toyama.jp/1541/kendodukuri/dourokouwan/toyamakou/kj00016048.html

富山の大自然を満喫するコース

続いて富山の大自然を満喫したい、という方におすすめのコースを紹介します。

黒部ダム

(画像引用:https://info-toyama.com/attractions/31038

大自然を堪能したいならマストで訪れるべき場所が、富山県を代表する観光スポットである黒部ダムです。7年もの歳月と、総工費およそ513億円をかけて作られ、なんと水の量は毎秒およそ10トンから15トンにも及びます。

黒部ダムでは毎年6月26日〜10月15日までの期間、観光放水が見られます。晴れた日には、観光放水とあわせて美しい虹も姿を表します。毎年、家族連れや夫婦、カップルなど多くの人で賑わう富山を代表する観光スポットのひとつです。
観光放水を楽しんだ後は、黒部ダム限定の黒部ダムカレーを食べたり、湖の上から美しい景色を楽しめる「黒部湖遊覧船ガルベ」に乗ったりするのもおすすめです。

※観光放水の日程は、変更になる可能性もあります。公式サイトでご確認ください。

【基本情報】
住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺
電話番号:  0261-22-0804
アクセス:黒部ダム駅より徒歩数分
公式サイト:https://www.kurobe-dam.com/

立山黒部アルペンルート

(画像引用:https://www.kurobe-dam.com/kankou/alpine_vehicle.html

黒部ダムを訪れる際に一緒に楽しむことができるスポットが、立山黒部アルペンルートです。黒部ダムを訪れるために立山黒部アルペンルートを利用します。

立山黒部アルペンルートは、標高3,000m級の山々が連なる北アルプスを貫く世界有数の山岳観光ルートです。総延長はなんと37.2kmにもおよび、その区間のほとんどが中部山岳国立公園内に位置します。

立山駅から立山ケーブルカーを乗り継ぎ、立山高速バスや立山ロープウェイなど様々な乗り物を乗り継ぎながら、富山の雄大な自然を思いっきり楽しむことができます。黒部ダムと一緒に、立山黒部アルペンルートもお楽しみください。

【基本情報】
住所: 富山県中新川郡立山町
電話番号:  076-481-1500
アクセス:立山駅よりすぐ
入場料:乗車区間による
公式サイト:https://www.alpen-route.com/index.php

ホテル立山

画像引用:https://h-tateyama.alpen-route.co.jp/

ホテル立山は立山黒部アルペンルートの観光拠点の室堂にある室堂ターミナルの2階にあります。標高2,450mにある日本最高所のホテルで星に一番近いリゾートを味わうことができ、四季を通じて表情を変える雄大な山々をみることができます。
そして、標高が高いので天候に恵まれれば夜には手が届きそうな満天の星空を眺めることもでき、この場所でしか出会えない圧倒的な別世界の体験を楽しむことができます。
非日常を味わえる、そんな素敵な場所で夫婦のゆったりした時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

ホテル付近を散策すると、珍しい高山植物や雷鳥(国の特別天然記念物)に会うこともできるかもしれません。

秋の高山植物「チングルマ」

【基本情報】
住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
電話番号:076−463−3345
アクセス:室堂ターミナル2階
公式サイト:https://h-tateyama.alpen-route.co.jp/

富山の海と海鮮を堪能するコース

富山県の海の幸や美味しい海鮮を思いっきり満喫したい、という方におすすめのモデルコースを紹介します。

海王丸パーク

(画像引用:http://www.kaiwomaru.jp/

高岡市を走る万葉線の海王丸駅を降りて10分ほど歩くと、壮大な海が眼の前に広がる海王丸パークにたどり着きます。海王丸パークでは「帆船 海王丸」に実際に乗ることもできます。敷地内にあるイベント広場では、定期的にさまざまなイベントが開催されており、休日は活気で溢れています。

夜になると、海王丸がライトアップされて日中とは変わった姿を見せてくれるため、夫婦で夜に訪れるのもおすすめです。

【基本情報】
住所:富山県射水市海王町8
電話番号:  0766-82-5181
アクセス:海王丸駅より徒歩約10分
入場料:大人400円 小中学生200円 ファミリー券500円
公式サイト:http://www.kaiwomaru.jp/

新湊きっときと市場

(画像引用:https://www.info-toyama.com/attractions/80032

海王丸パークで思いっきり大自然の海を感じた後は、富山県が誇る美味しい海の幸を楽しめる新湊きっときと市場ヘ足を運んでみましょう。新湊きっときと市場では、「富山湾の宝石」とも称されるシロエビをはじめ、ズワイガニやホタルイカ、ブリやバイ貝などさまざまな食材が味わえます。

敷地内にあるレストラン「きっときと亭」では毎朝とれたばかりの新鮮な海の幸を使ったお刺し身や海鮮丼、定食など豊富なラインナップの中から好きなものを選べます。食後には富山の特産品や海産物など、お土産も充実しているので、ぜひ夫婦の旅の記念に購入してみてください。

【基本情報】
住所:富山県射水市海王町1
電話番号: 0766-84-1233
アクセス:海王丸パークから徒歩約15分
入場料:無料
公式サイト:http://kittokito-ichiba.co.jp/

海の駅 蜃気楼

(画像引用:https://www.info-toyama.com/attractions/51002

しっかりとお腹を満たしたら次に向かいたいのが、富山県魚津市にある施設「海の駅 蜃気楼」です。新湊からは離れていますが、車で移動の場合は1時間ほどで着きます。途中には新湊大橋を通り、富山湾沿いを通るルートもありますので、ドライブコースとしてもおすすめです。

海の駅蜃気楼ではショッピングが楽しめ、四季折々の農産物や富山の銘柄のお菓子もたくさん購入できます。そして、施設のすぐ近くには海が見えるロケーション抜群のベンチが。海を見ながら、「海の駅 蜃気楼」で購入したおやつを食べて夫婦でほっと一息つくのも気持ちが良くておすすめです。

また、毎月第2・第4日曜日はフリーマーケットや、毎週末には浜焼きも開催しているので、タイミングがあえばぜひそちらも一緒に楽しんでみてください。

【基本情報】
住所:富山県魚津市村木町 定坊割2500-2
電話番号:0765-24-4301
アクセス:魚津駅より徒歩すぐ
入場料:無料
公式サイト:http://www.shinkirou.jp/

富山の歴史を感じるコース

最後に、富山の歴史を感じたい人に向けたモデルコースをご紹介します。

高岡大仏

(画像引用:https://www.info-toyama.com/attractions/21108

富山県高岡市にあるのが、日本三代仏のひとつに数えられる高さ16mの高岡大仏です。1907年に建造を開始し、なんと26年もの歳月をかけて完成しました。境内の入口から大仏まではまっすぐに道が伸びており、その道を歩いていくと大仏様の目が少しずつ開かれていくようにみえるのだとか。

高岡大仏は「日本一の美男」との呼び声もあるほど美しく、確かにイケメンできれいな作りをしています。高岡大仏の内部は朝6時〜夕方17時まで参拝可能で、地獄絵を始めとした仏画13作品が展示されています。圧倒的な大きさを誇る高岡大仏は、歴史好き夫婦ならぜひ一度は見ておく価値があります。

【基本情報】
住所:富山県高岡市大手町11−29
電話番号: 非公開
アクセス:あいの風鉄道「高岡駅」より徒歩約10分
入場料:無料
公式サイト:http://www.takaokadaibutsu.xyz/

瑞龍寺

(画像引用:https://www.info-toyama.com/attractions/21009

高岡の開祖で、加賀前田家3代目当主である前田利常が建立した高岡山瑞龍寺(こうこうざんずいりゅうじ)は、整然とした伽藍配置様式を採用しており、その設計の緻密さと美しさに思わず息を呑みます。境内の入口から漂う厳かな雰囲気に加え、立派な総門も見どころのひとつです。仏殿を囲むように左右対称に作られており、美しい天井も忘れずに要チェックです。

また、春と夏には境内が夜間ライトアップされるイベントも催され、音楽に合わせた照明演出や飲食店が立ち並びますので、こまめに公式サイトをチェックされることをおすすめします。

高岡山瑞龍寺の山門、仏殿、法堂が国宝に、総門、禅堂、大庫裏、大茶堂、回廊三棟が重要文化財に指定されています。夫婦で凛とした厳かな雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

【基本情報】
住所:富山県高岡市関本町35
電話番号:0766-22-0179
アクセス:あいの風鉄道「高岡駅」より徒歩約10分
入場料:大人500円 中高生200円 小学生100円
公式サイト:https://www.zuiryuji.jp/

雨晴海岸 

(画像引用:https://www.info-toyama.com/attractions/21011

高岡大仏と瑞龍寺を見学したあとは、ぜひ国定公園にも指定されている雨晴海岸を訪れることをおすすめします。雨晴海岸の浜から眺める海越しの女岩と立山連峰が同時に楽しめる富山県随一の絶景スポットです。

また、万葉の歌人である大伴家持はこの景色を見て、とても気に入り数多くの歌を詠んでいたという歴史ある場所。雨晴海岸は国定公園以外にも、「日本の渚百選」や「白砂青松百選」、「日本の海水浴場88選」にも選ばれているとあって、1年を通して数多くの観光客が訪れています。また、夏は海水浴場としても人気です。

1日の旅の締めにぜひ、絶景の雨晴海岸へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【基本情報】
住所:富山県高岡市太田17
電話番号:0766-20-1547
アクセス:JR氷見線「雨晴駅」から徒歩5分
入場料:無料
公式サイト:https://www.takaoka.or.jp/viewpoint/archives/524

夫婦水入らずの旅行は富山の自然に癒されて

夫婦で訪れたい富山県の観光スポットについて、タイプ別に3種類のモデルコースをご紹介しました。

富山は山の自然と海の自然、どちらも楽しめます。今回取り上げたスポット以外にも、まだまだたくさん魅力的な観光地はあるので、ぜひ本記事を参考に自分たちだけのオリジナルのコースを見つけてみてください。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
トイエバ編集部

トイエバ編集部

様々な富山の情報をお届けするトイエバ編集部です!

地域情報メディア、toiebaでは「グルメ」「住宅」「防災」「ペット」「観光」をテーマに、富山を知り尽くした地元のライターや防災に関する専門家、ただただペットを溺愛する飼い主など、多様なライターが集まるtoiebaが楽しくにぎやかに、そしてためになる情報をお伝えしていきます。

  1. 富山の民宿といえばここ!のんびりできるおすすめの宿5選

  2. 富山の祭りといえば!おすすめ8選【2024年開催情報】

  3. 富山市内のそば屋・美味しいおすすめ5選

RELATED ~関連記事~

PAGE TOP