観光・お出かけ

富山の花火といえば!おすすめの花火大会5選

富山の「花火大会」を5つ紹介します。夏は、日本各地でさまざまなイベントや祭りの開催があったり夏休みシーズンだったりと、出かけたい欲が高まる季節です。出かけたい所はたくさんあるけど「夏といえばやっぱり花火大会!」という方も多いのではないでしょうか。今回は、富山の有名な花火大会の中から、おすすめ5選を紹介します。夏のお出かけ、思い出作りの参考にしてみてください。

富山の有名花火大会5選

富山の花火大会の特徴は、富山湾や立山連峰、観光名所など会場の地形を活かした演出が多いこと。花火自体の美しさはもちろんですが、富山だからこそ見られる格別の花火大会が多くあります。ここでは、富山の有名な花火大会の中から5つを厳選し、ロケーションや関連イベントを合わせて紹介します。

富山を代表する花火大会「北日本新聞納涼花火 富山会場」

引用:https://webun.jp/feature/02plus/odekake/648ab9188ce1155d81000000

北日本新聞納涼花火は、富山大空襲から2年後の1947年に犠牲者の鎮魂や復興、平和への願いを込めて始まった歴史のある花火大会です。夏の夜空と神通川の川面を華やかに彩る花火は、富山の夏の風物詩として親しまれています。

富山会場では、超特大スターマイン、空中ナイアガラ、音楽花火、炎の演出、大玉30連発などが見られます。神通川有沢橋下流で繰り広げられる花火の迫力は圧巻で、尺玉レベルの大きな花火が打ち上げられると体に響く轟音とともに頭上の空が花火で埋まります。火の粉が降ってくるかのような大迫力の花火を楽しんでください。

例年本部が設置される神通川の東側はメイン会場となります。そのため西側の方が比較的空いていることが多いです。交通規制がかかっているため車が入ってこない土手からだと混雑が苦手な方も見やすいかもしれません。メイン会場と遜色なく、かなり近いところから花火が見られるのでおすすめです。

もう一つ、富山県富山市安養坊の「呉羽山展望台」は富山市が一望できるスポットで、高所からの花火を堪能できます。駐車場の台数や展望スペースに限りがあるため、少し早めに行動することがおすすめです。駐車場も展望台付近にあり、帰りの渋滞も少なくすむため、混雑を避けたい場合の参考にしてみてください。

県内最大級の花火大会とあって、県内外から多くの方が訪れる北日本新聞納涼花火。混雑具合に驚く方もいるかもしれません。会場への移動は計画的に行うとともに、有料席や宿泊施設の利用も検討すると良いでしょう。

北日本新聞納涼花火は、1日の富山会場と4日の高岡会場の2回開催されるのが大きな特徴です。高岡会場は、8月1日〜7日に高岡中心商店街で開催される「高岡七夕まつり」と合わせて開催されます。ちょうど夏休みシーズンでもあるので、長期休みを取って花火大会と富山観光を存分に味わうのも良いかもしれません。富山県内では最大級の花火大会へぜひお越しください。

開催日時毎年8月1日
2024年8月1日(木) 19:40~
打ち上げ数非公開
荒天の場合荒天時中止
例年の人出約1万人
有料席あり
※特別観覧席(ガーデンテーブル・1テーブル定員4名) 1万5000円
※リクライニング席 1万円
※イス席 3000円
会場神通川有沢橋下流(富山市神通川緑地公園周辺)
駐車場なし
会場アクセス【電車】富山駅より徒歩25分
【市電・バス】富山駅より市電・バスで安野屋下車徒歩10分
問い合わせ北日本新聞社メディアビジネス局開発部
076-445-3326
公式サイトhttps://webun.jp/feature/02plus/odekake/648ab9188ce1155d81000000

県内最大の正三尺玉が見られる!「ふるさと龍宮まつり海上花火大会」

引用:https://www.city.namerikawa.toyama.jp/soshiki/13/3/1544.html

ふるさと龍宮まつりは、毎年夏に2日間にわたって開催される滑川市最大の市民総参加によるお祭りです。滑川市内で最も多くの来場者が見込まれるお祭りでもあります。

初日は、市民による滑川市の伝統芸能「新川古代神」の街流し、2日目の夜には祭りのフィナーレを飾る富山県最大の正三尺玉を海上から打ち上げる「海上花火大会」が開催されます。正三尺玉が見られるのは富山県内ではここだけなので、圧巻の花火を一目見ようと会場には毎年県内外から大勢の方が訪れます。

直径650mに広がる特大の花火は、見た目の美しさや迫力だけでなく、花火が開くときに感じる空気の振動も尺玉とは比べ物になりません。大輪の花火が夜空を彩る光景と体中に響くほどの大きな音と振動は、忘れられない夏の思い出となるでしょう。このほかゴールドスターマインや海空中スターマインなども必見です。

会場周辺では、パレードやよさこい、ダンスやライブのステージイベントなど花火以外にもイベントが盛りだくさん!美味しいグルメが味わえる露店も出店するので心もおなかも満たされること間違いなしです。滑川の夜空を埋め尽くす圧巻の花火大会で素敵な1夜をお過ごしください。

開催日時毎年7月中旬頃
2024年7月14日(日) 20:10~
打ち上げ数約1,000発
荒天の場合雨天時未定
例年の人出7万人
有料席なし
会場ほたるいかミュージアム周辺
駐車場あり(無料)
※滑川市スポーツ・健康の森公園駐車場(約1,000台)、滑川市役所駐車場
※スポーツ・健康の森から会場までの無料シャトルバス運行
会場アクセス【車】北陸自動車道滑川ICから車で約10分
【電車】あいの風とやま鉄道・富山地方鉄道滑川駅から徒歩8分
問い合わせふるさと龍宮まつり実行委員会(滑川商工会議所内)
076-475-0321
公式サイトhttps://ccis-toyama.or.jp/namerikawa/ryugu/

美しいナイアガラ花火が見物!「富山新港花火大会」

引用:https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0516e00670/image1.html#photo

海の貴婦人と言われる海王丸や新湊大橋をバックに、色鮮やかな水中スターマインなど約2,000発の花火が漆黒の夜空に花開く「富山新港花火大会」。富山県射水市で開催される壮観な花火イベントです。海王丸と新湊大橋のライトアップと花火の幻想的な光が共演する様は、ほかの花火大会ではなかなか見られないロケーションです。

陸地から富山新港の海中に向かって放たれる水中スターマインのほか、世界最大級の落差となる約40mの光のシャワー「ナイアガラ花火」は、滅多に見られないもので富山新港花火大会の名物になっています。

海王丸パークは、平成25年1月に「恋人の聖地」に選定されました。選定理由は、パークのシンボルでもある海王丸の進水日が、愛の誓いの日と言われる「バレンタインデー」であることからきています。選定を記念して海王丸パーク内には記念モニュメントが設置されました。記念モニュメントでは四季折々、昼間と夜間にLOVEソングのオルゴールが流れます。恋人聖地で見るロマンチックな花火大会に思い切ってデートに誘うのも良さそうです。

富山新港花火大会は、まるでテーマパークのような演出で非日常を感じられます。恋人同士だけでなく家族や友人など、大切な人と笑顔あふれる素敵な時間を過ごせるでしょう。

例年の人出はかなり多いため、お出かけの際は時間に余裕を持って移動してください。また、駐車場はさらに混雑が予想されます。なるべく公共交通機関を利用するよう計画を立ててみてください。会場で咲き乱れる花火に思わず目を奪われてしまう富山新港花火大会。人生で一度は見ないともったいない!素晴らしい景観で楽しめる感動の花火大会で最高の夏の思い出をどうぞ。

開催日時毎年7月最終日曜日
2024年7月28日(日) 20:00~
打ち上げ数約2,000発
荒天の場合中止(少雨決行)
例年の人出約5万人
有料席あり
1 テーブル(4名分まで)
前売 12,000円
当日 15,000円(空きがある場合のみ)
会場海王丸パーク
駐車場あり(約2,400台)
会場アクセス【車】北陸自動車道小杉ICから車で約25分
【電車】海王丸パーク万葉線海王丸駅から徒歩10分
問い合わせ富山新港花火大会実行委員会
0766-51-6676
公式サイトhttps://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0516e00670/

台船上から打ち上げられる特大スターマインが見物!「じゃんとこい魚津まつり」

引用:https://uozu-kanko.jp/jyantokoi-uozu-fest/#midokoro_area

毎年8月第1金曜日から開催される魚津市最大のイベント「じゃんとこい魚津まつり」の一環として開催される海上花火大会。

海上花火大会が開催される8月初めの金・土・日曜は、ユネスコ無形文化遺産に登録されている諏訪神社の祭礼「たてもん祭り」や、郷土民謡「せり込み蝶六」の伝統行事をはじめ、UO!JAZZ(ウオジャズ)、キャンドルロード、まさに魚津の夏がギュッと詰まった熱い3日間となっています。

特にたてもん祭りは、高さ16mもある大柱に90余りの提灯を三角形につるし下げ、総重量約5トンもあるそり台にたてて、80人もの若い衆によって曳き回されます。その姿は、豪快、勇壮、華麗で魚津の誇る郷土行事の一つです。各町内からたてもん7台が諏訪神社へと動きだして光の競演を繰り広げます。花火大会と合わせて、ぜひ楽しんでいただきたいイベントです。

魚津の花火大会は、開放感ある海岸沿いで台船上から打ち上げられる花火を間近に眺められるのが魅力です。迫力満点の花火と祭り文化、美しい盛夏の情緒を一緒に堪能しましょう!

開催日時毎年8月第1週の金、土、日曜日の3日間
海上花火大会:2024年8月3日(土) 19:40〜
打ち上げ数約2,000発
荒天の場合5日(月曜日)に順延
例年の人出約4万人
有料席なし
会場魚津港
駐車場あり(約400台)ありそドーム、海の駅蜃気楼、魚津西部中学校、総合庁舎
会場アクセス【車】北陸道魚津ICから約15分
【電車】あいの風とやま鉄道線魚津駅から徒歩20分
問い合わせ魚津まつり実行委員会(魚津市観光協会内)
0765-22-1200
公式サイトhttps://uozu-kanko.jp/jyantokoi-uozu-fest/

海上で放たれる七色の光が美しい「くろべ生地浜海上花火大会」

引用:https://www.webes.jp/ebisumatsuri/index.html

日本海最大といわれる大水中スターマインが見どころの「くろべ生地浜海上花火大会」は、生地浜海岸で行われる夏の一大イベント「生地えびす祭り」と並行して行われる花火大会です。海上に2艘の船を出し、海中に次々と投げ込まれる花火が海上ではじけて七色の光を放ちながらきらめく様子は、他の花火大会ではなかなか見られない美しい光景です。

打ち上げ位置が海岸に近いこともあり「頭上に火の粉が降ってくるのでは⁉」とドキドキしてしまうほど迫力があります!このほか、音楽花火の演出や通常のスターマインなど、打ち上げ数は合わせて1,500発ほどです。大規模ではありませんが開始後でも花火を楽しむ場所が確保しやすいため、家族連れにも人気が高い花火大会の一つです。

会場には有料席がなく、同時開催の生地えびす祭りがあるため「花火をどうしてもベストポイントから見たい!」という方は早めに会場へ入るよう計画を立てると良いでしょう。

くろべ生地浜海上花火大会は海岸で打ち上げるため、基本的にどこからでも花火をきれいに楽しめますが、見どころでもある大水中スターマインのベストポイントは花火が打ちあがる真正面です。例年、ベストポイント付近には本部や警備が設置されているので早めに会場に着いたら現地の人におすすめの場所を聞くのも良いですね。

くろべ生地浜海上花火大会は、花火が打ちあがる1時間ほど前から満艦飾海上パレードやとうろう流しも行われます。会場に早めに入ってもお祭りの出店や他のイベントが楽しめるため、花火大会までの時間を持て余す心配もありません。大漁と海難無事故を海の神にお祈りする伝統の生地えびす祭りと、海上で花開く美しく豪快な花火大会をお楽しみください。

開催日時毎年7月最終土曜日
2024年7月27日(土) 20:10~
打ち上げ数約1,500発
荒天の場合雨天順延(翌日以降)
例年の人出約2万人
有料席なし
会場黒部市生地浜海岸一帯
駐車場あり(約700台)
会場アクセス【車】北陸自動車道黒部ICから車で約15分
【電車】あいの風とやま鉄道生地駅から徒歩25分
問い合わせくろべ生地浜海上花火大会実行委員会
0765-57-1011
公式サイトhttps://www.webes.jp/ebisumatsuri/

富山の花火大会を楽しもう!

今回は富山県内で開催される花火大会の中からおすすめを5つ紹介しました。

夏を迎える前の梅雨シーズンは、お天気の関係でなかなか思うようにお出かけできない日や、「やっと梅雨が明けた!」と思ったら今度は気温が急に上がってバテてしまうことも。

そんな欝々とした気分を晴らすためにも花火大会はぴったり!美しく夏の夜空を彩る花火は、気持ちも明るく晴れやかにしてくれます。また、暑い夏は日が落ちる夕方から夜にかけて日中よりお出かけがしやすくなるでしょう。

富山県内では今回紹介しきれなかった花火大会がまだまだたくさん開催されています。今年の夏は、富山の花火大会で素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
トイエバ編集部

トイエバ編集部

様々な富山の情報をお届けするトイエバ編集部です!

地域情報メディア、toiebaでは「グルメ」「住宅」「防災」「ペット」「観光」をテーマに、富山を知り尽くした地元のライターや防災に関する専門家、ただただペットを溺愛する飼い主など、多様なライターが集まるtoiebaが楽しくにぎやかに、そしてためになる情報をお伝えしていきます。

  1. 災害時のトイレどうする?おすすめ商品8選

  2. 富山のワイン・ワイナリーおすすめ4選

  3. 富山は和食も美味しい!市内のおすすめ店5選

RELATED ~関連記事~

PAGE TOP