観光・お出かけ

宇奈月温泉で日帰り癒し旅!おすすめの温泉8選

宇奈月温泉とは?

宇奈月温泉は、飛騨山脈北部を立山連峰と後立山連峰に分断し、日本一深いと言われているV字峡「黒部峡谷」の玄関口に位置しています。宇奈月温泉がある黒部市は富山県の東部に位置しており、日本海に面しているため北アルプスからの豊かな水や新鮮な海の幸にも恵まれた自然豊かな場所です。そんな富山県有数の規模を誇る宇奈月温泉の収容人数は、約3500名もいるとのこと。宇奈月温泉は大正12年(1923年)の開業以来多くの人々が訪れ、地元の方はもちろん観光客も一年中訪れる人気観光スポットとなっています。

宇奈月温泉は黒部川上流の黒薙温泉から引湯しています。日本屈指の透明度を誇る源泉の温度は約90度と高めになっているので、体の芯までよく温まります。黒部川に立ち並ぶ多くの宿泊施設からは富山の大自然を一望でき、季節によって違う顔を見せてくれる絶景は旅の疲れをより癒してくれることでしょう。

また、宿泊だけでなく日帰り湯や、宇奈月の街に点在している足湯も魅力の一つです。

宇奈月温泉で使われているお湯は、昔からお肌にやさしい「美肌の湯」と言われてきましたが、専門家の分析によって美肌の湯としての条件がそろう優れた泉質であることが科学的に証明されました。(引用:https://www.unazuki-onsen.com/about)

また、宇奈月温泉には「美肌湯」と呼ばれる理由があります。

「お肌にうれしい、4つのごほうび!」

イオンのうるおい効果(油や角質を落としてお肌しっとり)
弱アルカリ性の優しさ(お肌に優しくタッチします)
炭酸ガスのデトックス効果(体の中までキレイにします)
ミネラルのリラックス効果(お肌に染みこんでストレス解消)
引用:https://www.unazuki-onsen.com/about

絶対に巡りたい!おすすめの日帰り温泉8選

100年以上前からある宇奈月温泉は、宿泊だけでなく日帰り温泉も楽しめます。今回はたくさんある温泉施設の中から特におすすめの温泉を8つ紹介します。施設ごとに違う魅力があるので、温泉選びの参考にしてみてください。

1.湯の町にできたアットホームな憩いの場!「湯めどころ宇奈月」

引用:http://yumedokoro-unazuki.jp/

温泉街に佇む、4階建ての大きな外観が特徴です。「もてなし」と「普段の暮らし」が交わる湯めどころというコンセプト通り、観光客だけでなく普段から地元の方にも親しまれています。温泉は「桃の湯」と「月美の湯」の2種類があり、どちらも浴槽には地元黒部川の石が使用されています。男湯と女湯は日替わり入替制のため、行く日によって新鮮な気持ちが味わえるのも魅力です。

温泉の他にも、施設内に観光案内所やキッチンが併設されているフリースペース、広々とした休み処があります。1階にあるフリースペースでは、不定期でジャズライブや朗読会などのイベントが開催されているのも湯めどころならでは。温泉に入って疲れを癒した後は、地元の方々とも交流しながら素敵な旅の思い出を作るのもいいかもしれません。

場所湯めどころ宇奈月
住所黒部市宇奈月温泉256‐11
アクセス〈車〉黒部ICから約20分
〈徒歩〉「宇奈月温泉駅」から約1分
公式サイトhttp://yumedokoro-unazuki.jp/
問合せ先0765-62-1126
営業時間総湯 9:00~22:00(受付:21:00)
観光案内 9:00~17:00
定休日毎週火曜日(5月~11月は第4火曜日のみ)
駐車場あり(旧温泉会館跡5台、総湯裏手9台)
※どちらも満車の場合、総湯から徒歩3〜4分の「多目的広場」(20台/無料)、「宇奈月ちてつパークビル」(宇奈月消防署となり)の有料駐車場を利用

2.美しいトレイン&トロッコビュー!「フィール宇奈月」

引用:https://f-unazuki.net/

フィール宇奈月は、富山地鉄「宇奈月温泉駅」と黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)「宇奈月駅」の間という好立地に位置しており、両方の駅からの距離はそれぞれ徒歩1分。建物は線路に面しているため、大浴場や客室などの館内からトレインとトロッコを眺められるのも、ここならではの景色です。見晴らしが良く、季節によって違う景色を楽しめる富山の景色とトレイン&トロッコのコラボレーションは、一度見たら忘れられない旅の思い出になることでしょう。

冬期間(2024年1〜3月)の営業については、1月の営業日が1日(月)〜3日(水)・6日(土)・7日(日)の5日間、2月の営業日は3日(土)・10日(土)・11日(日)・17日(土)・23日(金)・24日(土)の6日間、3月の営業日は2日(土)・9日(土)・16日(土)・23日(土)・30日(土)の5日間となっています。他の日は電話での予約や問い合わせもお休みしているので、訪れる際は営業日の確認をお忘れなく。

日付を気にせず富山旅行の際にふらっと立ち寄りたいという方は、春から秋にかけて行くことをおすすめします。

場所黒部峡谷 宇奈月温泉駅前 フィール宇奈月
住所富山県黒部市宇奈月温泉462-2
アクセス〈車〉黒部ICから約15分
〈徒歩〉「宇奈月温泉駅」から約1分
公式サイトhttps://f-unazuki.net/
問合せ先0765-62-9520
営業時間日帰り温泉利用可能時間
6:00~9:30、14:30~21:00
定休日冬季休業あり
駐車場あり

3.黒部の景色を一望できる!「とちの湯」

引用:https://tochinoyu.com/

とちの湯は、宇奈月温泉駅から車で5分、宇奈月湖と山々に囲まれた落ち着く雰囲気の建物が特徴的な日帰り温泉施設です。

とちの湯の近くには、元々、大きなとちの木があり、その大きな木を目印にしていたため「とちの湯」と名付けられたのだそう。建物入口には、樹齢300年のとちの木に歌を刻んだモニュメントが置いてあります。そんなとちの湯の建物内は木のぬくもりが感じられる温かい雰囲気となっており、ホール中央には樹齢70年を越す立山杉がそびえ立っています。展示室では宇奈月の歴史ある写真などが展示されているので、宇奈月のことをより深く知ることができます。

引用:https://tochinoyu.com/bath/

露天風呂は開放感あふれる空間で、黒部の景色を一望できます。黒部峡谷の対岸を走るトロッコと宇奈月湖を同時に眺められるという贅沢な景色は、とちの湯ならではの楽しみ方です。四季折々の移ろいゆく景色を楽しみながら、上質な温泉と雄大な自然を体感してみてください。

引用:https://tochinoyu.com/bath/

内風呂も窓が大きく、室内ながら開放感を感じられる設計になっているので、館内からも富山の絶景を堪能できます。また、休憩所のテラス席からは温泉とはまた一味違う開放感のある景色を楽しめます。温泉で温まった体を、富山の大自然に囲まれながらゆっくり休めてみてはいかがでしょうか。

現在とちの湯は冬季休業期間中となっており、営業再開は2024年4月20日(土)を予定しています。行かれる方は事前に公式ホームページを確認してみてください。(営業再開日は天候の影響で変更の可能性あり)

場所とちの湯
住所富山県黒部市宇奈月温泉6215
アクセス〈車〉黒部ICから車で約20分
   宇奈月温泉駅から車で約5分
公式サイトhttps://tochinoyu.com/
問合せ先0765-62-1122
営業時間9:50〜17:30(入浴10:00〜17:30)
※最終受付17:00
定休日冬季休業あり
営業期間中は無休
駐車場あり(36台)

4.絹のような湯で肌が”つべつべ”に!「延対寺荘」

引用:https://www.entaiji.com/

「延対寺荘」は、明治33年(1900年)富山県高岡市に料理旅館「延對寺旅館」が創業されたこが始まりと言われています。ここには、竹久夢二・与謝野晶子・川端康成などさまざまな著名人が訪れ、たくさんの人から愛されてきました。その後、大正時代初期に宇奈月温泉が誕生し、大正14年(1925年)に開業された「延對寺旅館」が現在の「延対寺荘」です。

「美肌の湯」として親しまれている宇奈月温泉。肌に優しい成分が多く含まれた源泉は、施設に届いた時点でも60度以上と高温なのだそう。延対寺荘では、肌に優しく温泉の効果をより実感できるよう、温泉の温度は熟練スタッフが調整しています。機械に任せるのではなく、その日の天気や気温によって職人の感覚で適切な温度に調整するのが延対寺荘ならではのこだわりです。肌に直接触れるものだからこそ、丁寧に温度調整にまでこだわることが、肌に優しい温泉を作り続けられる秘訣なのかもしれません。

引用:https://www.entaiji.com/onsen/

人目を気にせず自分だけの時間をより楽しみたい方は、予約制で入れる貸切露天風呂「歳寒三友乃湯」もおすすめです。

場所延対寺荘
住所富山県黒部市宇奈月温泉53
アクセス〈徒歩〉「宇奈月温泉駅」から約5分
〈車〉黒部ICから車で約20分
公式サイトhttps://www.entaiji.com/
問合せ先0765-62-1234
営業時間11:00〜16:00
駐車場あり(50台)

5.黒部峡谷のトロッコ電車が橋を渡る姿を見ながらゆったり!「やまのは」

引用:https://yamanoha.orixhotelsandresorts.com/

建物内は和モダンで落ち着いた雰囲気が漂う「やまのは」。ロビーには、黒部川の象徴「新山彦橋」が一望できるおしゃれなカフェラウンジが併設されています。その他にも12名〜36名まで利用可能なカラオケハウスや卓球コーナー、またキッズコーナーやペット用の部屋もあるのでペットも含め家族全員で温泉旅行を楽しめます。

引用:https://yamanoha.orixhotelsandresorts.com/contents/onsen/

特におすすめなのが、絶景展望露天風呂「棚湯」です。棚湯とは湯船に棚田状の段差をつける設計の温泉のことで、 各段から異なる景色を眺められるという贅沢な楽しみ方ができます。黒部峡谷のトロッコ電車が橋を渡る姿を見ながら、ゆったりしたひとときをお楽しみください。開放感溢れる開けた露天風呂は視界を遮るものが何もなく、黒部峡谷や新山彦橋などの雄大な景色を楽しめます。大浴場「大黒部」では、内風呂や露天風呂、ドライサウナなどたくさんの種類があり、旅の疲れを癒してくれます。

2024年2月1日より日帰り温泉料金が一部変更となりましたので、事前の確認をお忘れなく。

土曜・日曜・祝日大人1,500円、小学生700円、幼児(3歳~)無料
平日大人1,200円、小学生600円、幼児(3歳~)無料
税込料金(貸しタオル付き)

黒部峡谷を走るトロッコ電車と宇奈月ダムの絶景を見ながら温泉でゆっくりすることで、身も心もリラックスできることでしょう。

場所黒部・宇奈月温泉 やまのは
住所富山県黒部市宇奈月温泉352‐7
アクセス〈徒歩〉「宇奈月温泉駅」から約3分
〈車〉黒部ICから約20分
公式サイトhttps://yamanoha.orixhotelsandresorts.com/
問合せ先0765-62-1311
営業時間平日)午後1:00~午後4:00(最終受付 午後3:00)
土曜)午後1:00~午後3:00(最終受付 午後2:00)
日曜)午後1:00~午後4:00(最終受付 午後3:00)
※そのほか、繁忙日等は時間が変更または休業となる場合があります。
駐車場あり(160台)

6.自然を満喫する露天風呂で心が安らぐ!「ホテル黒部」

引用:https://www.hotelkurobe.co.jp/

賑やかな宇奈月温泉街から少し離れた場所にあるホテル黒部は、自然の音や景色をより間近で堪能でき、落ち着く空間となっています。建物は6階建てのため客室やフロアごとに見える景色が異なっているのも魅力です。「山彦橋」「トロッコ」「宇奈月ダム」といった絶景がいろいろな角度から楽しめるので、見ていて飽きないでしょう。

温泉の大浴場や露天風呂からは、春には桜、夏には緑、秋には紅葉、冬には雪化粧というように四季折々の景色を味わえます。温泉に入りながら贅沢な光景を堪能できて身も心もリラックスできること間違いなしです。

場所ホテル黒部
住所富山県黒部市宇奈月温泉7
アクセス〈車〉黒部ICから約20分
〈徒歩〉「宇奈月温泉駅」から約15分(無料送迎バスあり)
公式サイトhttps://www.hotelkurobe.co.jp/
問合せ先0765-62-1331
営業時間日帰り入浴12:00〜16:00
定休日火・水(7~10月:水・木)
駐車場あり(30台)

7.トロッコ電車や地鉄電車を眺めながら!「駅の足湯 くろなぎ」

引用:https://www.kurobe-unazuki.jp/tourism/810/

駅の足湯くろなぎは、富山地方鉄道「宇奈月温泉駅」のホーム上にある足湯です。誰でも無料で入れるので、設置以来子どもから大人まで幅広く親しまれています。中には足湯のみならず手湯もあるのだそう。トロッコ電車と富山地方鉄道のレトロな電車が同時に走る姿を見られるという「くろなぎ」ならではの特別な景色も存分に堪能してください。

場所駅の足湯くろなぎ
住所富山県黒部市宇奈月温泉260 富山地方鉄道「宇奈月温泉駅」ホーム上
アクセス〈車〉黒部ICから約25分
〈徒歩〉「宇奈月温泉駅」すぐ
公式サイトhttps://www.kurobe-unazuki.jp/tourism/810/
問合せ先076-432-5540(富山地方鉄道営業課)
営業時間4月~11月 8:00~18:00
12月~3月 8:00~16:00

8.トロッコ電車でしかたどり着けない!「黒薙温泉旅館」

引用:https://www.kuronagi.jp/

黒部峡谷鉄道の宇奈月駅からトロッコ電車でしか行くことができない温泉旅館。隠れ湯として江戸末期から親しまれており、今もなお観光客に人気の旅館です。建物は素朴な佇まいで、部屋にテレビなどは置いていません。あえて何もない空間で自分だけの特別な時間をゆっくり過ごせることでしょう。音や景色など五感を存分に使って、ぜひ黒薙の大自然に癒されてください。

混浴大露天風呂「源泉(いずみ)」は、広くてダイナミックな見た目で、周りは天然石でおおわれており中央には大岩がある設計になっています。季節ごとに異なりますが一部の時間帯において、女性専用の時間も設けられています。また、旅館下流側には女性専用露天風呂「天女の湯」があります。高台から黒薙川を見下ろせる位置にあり、峡谷美が堪能できます。内湯のすぐ目の前には黒薙川が広がっているため、四季折々の景色を間近で堪能できます。

2024年の営業期間は、5月1日(水)~11月24日(日)の午前中までとなっています。詳しくはホームページをご確認ください。

場所黒薙温泉旅館
住所富山県黒部市宇奈月町黒薙
アクセス黒部峡谷鉄道「宇奈月駅」から25分「黒薙駅」下車後徒歩約20分
公式サイトhttps://www.kuronagi.jp/
問合せ先0765-62-1802
営業時間日帰り温泉利用可能時間
9:00〜15:15

疲労やストレスも宇奈月温泉で洗い流そう

今回は宇奈月温泉の魅力やおすすめの温泉を紹介しました。日本屈指の透明度で「美肌の湯」として親しまれている天然温泉は、一度は行く価値があります。宇奈月の大自然に囲まれながら入る温泉は、旅をさらに豊かなものにしてくれることでしょう。ぜひ宇奈月温泉の美肌の湯に入って「つべつべ」(富山弁でつるつるやすべすべの意)の肌を体感してみてください。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
トイエバ編集部

トイエバ編集部

様々な富山の情報をお届けするトイエバ編集部です!

地域情報メディア、toiebaでは「グルメ」「住宅」「防災」「ペット」「観光」をテーマに、富山を知り尽くした地元のライターや防災に関する専門家、ただただペットを溺愛する飼い主など、多様なライターが集まるtoiebaが楽しくにぎやかに、そしてためになる情報をお伝えしていきます。

  1. 災害時のトイレどうする?おすすめ商品8選

  2. 富山のワイン・ワイナリーおすすめ4選

  3. 富山は和食も美味しい!市内のおすすめ店5選

RELATED ~関連記事~

PAGE TOP