防災

【展示会レポート】防災イベント「第2回地域防災EXPO」

東京ビッグサイトでは2023年6月28(水)から6月30日(金)まで、「自治体・公共week2023」が開催されました。展示は、自治体・公共向けに6つの専門テーマで構成されています。そのうちの1つ「第2回地域防災EXPO」には、災害に強い地域づくりを実現する「防災ICT」「非常用通信」「水害対策」などのサービスを提供する企業が出展しました。今回は防災イベント「第2回地域防災EXPO」の展示内容を紹介します。

第2回地域防災EXPOとは

「第2回地域防災EXPO」は、東京ビッグサイトで開催された「自治体・公共week2023」内の展示イベントの1つです。防災に備えるため8の備蓄用品、災害時の発電・蓄電設備、非常用通信などを提供する企業が出展しました。

<自治体・公共week2023とは>

会期2023年6月28日(水)~6月30日(金)
開催時間10:00~17:00
会場東京ビッグサイト
主催自治体・公共Week実行委員会
後援総務省、全国市長会、全国町村会
企画運営RX Japan株式会社
構成展地方創生 EXPO
自治体DX展
スマートシティ推進 EXPO
自治体向けサービス EXPO
地域防災 EXPO
インフラメンテナンス展
来場者数6/28(水):5,888人、6/29(木):6,511人、6/30(金):7,510人
計:19,909人

防災グッズの最新商品「備蓄用品」

臭わない!「どこでも防災トイレ」(ハンナ化粧品合同会社)

「どこでも防災トイレ」は、ハンナ化粧品合同会社が作る防災トイレです。バケツ型の簡易トイレになっており、トイレ400回分のセットが入っています。トイレ400回分と聞くと想像つきにくいかもしれませんが、4人で20日、26人で3日分になります。

どこでも防災トイレ400 35,200円(税込)
引用:https://hanna-inc.shop/items/62de45380850a04f88d22291

黒色のバケツが便器となり、黄色の便座クッションを取り付けて使用します。バケツは、小学1年生から90歳までの方に座ってもらい、立ち上がりやすい高さに設計されているそうです。中には、抗菌・消臭効果の高い凝固剤と、完全防臭素材の袋が収納されており、重さは11kgです。展示されていた実物を持ってみましたが、女性の私でも運搬することができました。

引用:https://hanna-inc.shop/items/62de45380850a04f88d22291

バケツには使用方法記載のシールが貼ってあります。保管場所・使用場所の壁に貼っておいてもいいですね。

<商品の詳細はこちら>

商品名どこでも防災トイレ
制作会社ハンナ化粧品合同会社
住所高知県高知市宝永町10-10
公式サイトhttps://hanna.jp/
公式オンラインストアhttps://hanna-inc.shop/
問い合わせ先088-855-7930、https://hanna.jp/contact/

”いつも”と”もしも”に備える搬送・収納ツール「メタモプラス」(サカセ工業)

「METAMO+(メタモプラス)防災・変形シリーズ」は、サカセ化学工業株式会社が提供する商品シリーズです。「備えない防災」をテーマとし、もしもの時にだけ役立つ商品ではなく、いつもの生活の中でも役立つ商品を提供しています。

引用:https://www.sakase.com/metamo/

カートは、いつもはモノの搬送や簡易テーブルとして使用し、もしもの時には簡易介助チェアに変わります。組み立て時や変形時に必要な専用工具は、カートの足元部分に収納されています。
<参考上代>
カート(組み立てあり・天板樹脂素材)  98,000円
カート(組み立てあり・天板クリア素材) 104,000円
カート(組み立てなし・天板樹脂素材)  92,000円
カート(組み立てなし・天板クリア素材) 98,000円

引用:https://www.sakase.com/metamo/

ラックは、もしもの時に簡易ブースに変わります。災害時の仮設トイレや授乳室など、プライベート空間を用意したいときに役立ちます。
<参考上代>
ラック(組み立てあり) 212,000円
ラック(組み立てなし) 221,000円

<商品の詳細はこちら>

商品名METAMO+(メタモプラス)
制作会社サカセ化学工業株式会社
住所福井県福井市下森田町3-5
公式サイトhttps://www.sakase.com/metamo/
問い合わせ先https://www.sakase.com/info/

安心便利に防災ができる「防災サービス関連」

備蓄レンタルサービス(三和商事株式会社)

三和商事株式会社は、防災備蓄、教育教材などの専門商社です。防災士も在籍しており、防災用品を販売するアンテナショップの運営や、防災に関するイベントも行っています。

レンタル費用は「都度ご相談」です。
提供:三和商事株式会社

備蓄レンタルサービスは、種類豊富な備蓄食を詰め合わせて届けてくれるサービスです。中身の指定はできませんが、防災用品専門の商社が選ぶラインアップなら安心です。
自然災害などで避難レベル3以上になった場合は、中身を自由に食べることができます。期限が決まっている工事現場や、旅行、イベント時に活用するのがおすすめです。

<サービスの詳細はこちら>

サービス備蓄レンタル
運営会社三和商事株式会社
住所千葉県市川市香取1-4-13
公式サイトhttps://e-sanwa.jp/corporate/
問い合わせ先047-334-0181

防災資材のレンタル・衛生サービス(ダスキン)

ダスキンの防災サポートサービスは、自治体向けのサービスです。

引用:https://event.kasite.net/lp/government/disaster/

自治体とダスキンが災害協定を結ぶことで、災害時に必要な商品を各拠点に常備しておき、災害時には迅速に避難所へ商品を供給します。レンタル品や運搬の費用は事前に設定ができるため、災害時の価格高騰にも備えることができます。

避難所のイメージ
引用:https://event.kasite.net/lp/government/disaster/

避難所設営に役立つレンタル商品(一例)
テーブル、イス、無線機、メガホン、布団、ベッド、運搬器具(台車)、EZフレームパネル、車いす、スロープ、発電機、ポータブル電源、洗濯機、冷蔵庫、キッズコーナー、ベビーベッド、空間清浄機、サーマルカメラ

災害時のほか、防災訓練やスポーツイベントなど、様々な地域のイベントでも活用することができるサービスです。

<サービスの詳細はこちら>

サービスダスキン防災サポートサービス
運営会社株式会社ダスキン レントオール事業部
住所大阪府吹田市豊津町1-33
公式サイトhttps://event.kasite.net/lp/government/disaster/
問い合わせ先問い合わせフォーム

楽しく学ぶ「防災イベント関連」

GENSAIめいろ(三和商事株式会社)

「GENSAIめいろ」は、三和商事が開催する防災イベントです。火災を想定して「低い姿勢」で迷路を進みながら、防災クイズをクリアしてゴールを目指します。
迷路の途中には、停電を想定した暗闇ゾーンや狭い空間、笛を吹いて助けを呼ぶゾーンなどがあり、災害に備える体験をすることができます。迷路は子供向けに思われがちですが、大人も一緒に体験することができます。

<サービスの詳細はこちら>

サービスGENSAIめいろ
運営会社三和商事株式会社
住所千葉県市川市香取1-4-13
イベント詳細動画https://youtu.be/x8R5kKUOvuo
問い合わせ先047-334-0181

あそび防災プロジェクト(株式会社IKUSA)

引用:https://moshimo-stock.jp/article/entry/2020/10/2020/

株式会社IKUSAは、社会課題や企業課題を「あそび」で解決する体験型イベントを提供しています。「イベント総合EXPO」の展示でしたが、防災に関するイベントを行っていたため紹介します。
サービスのうちの1つ「あそび防災プロジェクト」は、誰でも参加しやすい楽しいイベントを通して、防災にあまり興味がない人にも防災を知ってもらうことを目的としています。

プログラムを紹介します。

防災運動会

引用:https://moshimo-stock.jp/article/entry/2020/10/2020/

防災クイズラリー、災害救出脱出リレー、避難所ジェスチャーゲームなど、防災に関する競技を行う運動会です。
所要時間:1時間~3時間
参加人数:30~300名
参加形式:1チーム5名以上
開催場所:全国の運動場や体育館など公式サイト:https://asobi-bosai.com/project/bosai-undokai/

防災ヒーロー入団試験

引用:https://moshimo-stock.jp/article/entry/2020/10/2020/

水消火器射的、防災リュック間違い探し、瓦礫転がしなど子供が参加しやすいイベントです。親子で楽しく防災を学ぶことができます。
所要時間:1時間~3時間 ※1ブースあたりの体験時間は10分程度
参加人数:会場規模により変動
参加形式:複数のブースを回る
開催場所:全国の商業施設や広場など
公式サイト:https://asobi-bosai.com/project/bosai-hero-tryout/

防災謎解き

引用:https://moshimo-stock.jp/article/entry/2020/10/2020/

物語の主人公になり、防災に関する謎を解きながらゴールを目指す、謎解き脱出ゲームです。謎解きは8歳から楽しめる易しめの難易度になっているため、子供でも参加できるイベントです。パッケージプランのため準備工程が少なく、1か月程前までの相談で実施可能です。
所要時間:30分~2時間
参加人数:会場により変動
参加形式:施設・エリア内周遊
開催場所:全国対応可能
公式サイト:https://asobi-bosai.com/project/bosai-mystery/

紹介したプロジェクトのほか、オンラインイベントも開催しています。詳しい内容は公式サイトをご確認ください。

<サービスの詳細はこちら>

サービスあそび防災プロジェクト
運営会社株式会社IKUSA
住所東京都豊島区東池袋3-20-21 広宣ビル4F(東京事務所)
公式サイトhttps://asobi-bosai.com/
問い合わせ先047-334-0181

まとめ

災害には万全の備えを

防災イベント「第2回地域防災EXPO」の展示内容についてご紹介しました。自治体や公共団体では、災害が起こった時に地域の方が安全に避難できるような備えが必要です。様々な企業の防災サービスをぜひ活用ください。また、様々な防災イベントを通して、地域の方の防災への意識を高めることも重要です。

次回の「第3回地域防災EXPO」開催日程

次回「第3回地域防災EXPO」は、自治体・公共weekにて開催予定です。

<自治体・公共week2024の詳細>

会期2024年6月26日(水)~6月28日(金)
時間10:00~17:00
会場東京ビッグサイト
主催自治体・公共Week実行委員会
後援総務省、全国市長会、全国町村会(予定)
企画運営RX Japan株式会社
構成展地方創生 EXPO
自治体DX展
スマートシティ推進 EXPO
自治体向けサービス EXPO
地域防災 EXPO
インフラメンテナンス展
入場方法招待券のお申込(無料)が必要です。
招待券の申し込みはこちら
公式サイト地域防災EXPOの来場案内|自治体・公共Week (publicweek.jp)
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
みのり

みのり

食いしん坊OL/ショップカードコレクター

生まれ育った富山と、富山の美味しい食べ物が大好き。週末は富山県内の飲食店、カフェ、居酒屋をはしご。行きたいお店や食べたいものがありすぎて「胃袋が足りない…!」が口癖。趣味は、記念に行った先のショップカードを集めること。

  1. 富山から行く!福井1泊2日の観光モデルコース

  2. 富山でおしゃれなグランピングといえばここ!おすすめ3選

  3. 【oval オーバル】富山市一番町のおしゃれなイタリアン酒場

RELATED ~関連記事~

PAGE TOP